肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

乾燥肌でもできるニキビのケアは?

ニキビは過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、

そこに菌が感染して炎症が起きることで発生するものです。

 

一般的に脂性肌のほか、

Tゾーンは皮脂が多いのに

Uゾーンが皮脂が少ない混合肌の人にできやすいです。

 

しかし実は、これら以外の乾燥肌でも

ニキビが繰り返しできることに悩んでいる人は、けっこう多くいます。

 

肌の乾燥とは一切関係ない気もしますが、

肌状態が不安定であるがゆえに起きやすくなってしまうのです。

 

その関係性ですが、

分泌される皮脂が毛穴に詰まって発生する点は同じです。

まず肌が乾燥しているというのは、

肌を保護するための膜が不足しているせいで、

肌内部から水分が蒸発するのを防げなくなっている状態です。

 

そうすると肌がごわごわしてきて毛穴が細くなり、

少しの皮脂でも詰まりやすくなるわけです。

 

また、肌状態によっては乾燥すればするほど、

それを守ろうとして皮脂が多く分泌される場合もあり、

これも乾燥肌のニキビにつながる要因になります。

 

どちらにしても皮脂が悪者に見えるために、

必要以上に皮脂を取り除くケアを行いがちですが、

これはさらに症状を悪化させる恐れがありますので注意しましょう。

 

こういった状態を改善する最善策は、

乾燥を防ぐためのケアを心がけることです。

 

油分だけ、または水分だけと偏るのではなく、

両方をバランスよく補ってあげるようにするのです。

 

特に大切なのは洗顔で、

脂性肌でニキビができる人と同じような方法を用いていると、

皮脂膜をつくるために必要な皮脂までをも洗い流してしまいますので、

できるだけ肌に刺激を与えないようゴシゴシせずに洗います。

 

次に化粧水でしっかりと水分を肌内部まで届けるのですが、

やさしく行うためコットンは避け、両手を使ってつけるのが効果的です。

 

そして最後に油分でふたをするのですが、

ニキビによって起きている肌の炎症を抑えるため、

消炎作用のある商品を使いたいです。

 

抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリルを配合した化粧品が、

ルナメアAC1週間お手入れキットです。

 

とにかく、このように肌への低刺激を考慮したスキンケアを続けていれば、

次第に肌のターンオーバーが整い皮脂膜がつくられるようになりますので、

慌てず時間をかけながら乾燥肌を改善していくようにしましょう。