肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

黒ニキビにならないためのスキンケア

思春期だけでなく大人になってからもできるニキビには症状によって

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ等の種類があります。

 

ニキビは、ストレス等でホルモンバランスの乱れたことによるものと

偏った食生活が原因です。

お肌に存在するアクネ菌の影響や

毛穴に皮脂や古くなった角質等が詰まってニキビができてしまいます。

 

女性の場合は、ストレスが原因となる場合もありますが、

お化粧がお肌に残ったままになっていたり、

正しいスキンケアが行われていなかったりすることが

ニキビができる原因となります。

 

白ニキビは毛穴の角質や皮脂が盛り上がってできており、

ニキビの症状としては軽いものです。

 

しかし、スキンケアをせずに白ニキビを放置していると、

ニキビの中に詰まっている皮脂が酸化して黒ずみ、

黒ニキビになってしまいます。

 

黒ニキビが炎症を起こすと、赤ニキビとなり痛みを伴うようになります。

 

黒ニキビにならないように注意が必要なことは

毎日のスキンケアと食生活や生活習慣の見直しです。

 

まず、スキンケアについて説明していきます。

ニキビを白ニキビから黒ニキビになるのは皮脂が酸化することなので、

酸化の原因となる過剰な皮脂の分泌を防ぐ必要があります。

 

洗顔の際には洗顔料を良く泡立てて

泡の上に手を置いているような感じで必ずぬるま湯で優しく洗いましょう。

 

熱いお湯での洗顔や皮膚を擦ったりすることは、

反って皮脂の分泌量を増やすことに繋がり

更にニキビを悪化させてしまいます。

また、皮脂の分泌を促してしまいます。

 

洗顔をしすぎに注意し、

洗顔料は刺激の少ないものを使用するようにしましょう。

 

【Nov】 敏感肌のスキンケア

食生活はできるだけ野菜中心のものを食べて

ビタミンを多く摂るようにしましょう。

サプリメント等を利用するのも一つの方法です。

 

寝不足をしないようにして

お酒やタバコを控えるようにすることも大切です。

 

気が付かない内にできた白ニキビが

黒ニキビにならないようにする為には、

毎日の適切なスキンケアと規則正しい生活が重要となります。