肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

大人のニキビケアは、思春期ニキビと同じでは悪化するかも?

10代のニキビは、青春の証。

30代40代のニキビは、吹き出もの

そんな感じで悩んでいませんか?

 

そもそも大人ニキビと思春期ニキビでは、

その原因が異なっているため、ニキビケアにも違いがあります。

 

思春期には、成長ホルモンの働きで、

皮脂の分泌が多くなります。

皮脂の出口である毛穴がまだ大人と違って小さいため、

皮脂が詰まりやすい傾向にあります。

 

そのため、皮脂の分布の多いTゾーン(おでこ、鼻筋)に

ニキビができやすい傾向があります。

 

思春期のニキビケアは、毛穴のつまりを無くし、

過剰分泌された皮脂を取り除き、

ニキビの原因であるアクネ菌の殺菌が大切になります。

つまり、洗顔が重要です。

 

一方、20~40代でできる大人ニキビは、

皮脂の過剰分泌というよりも別の原因が考えられます。

 

大人になると肌のターンオーバー周期が、28日よりも

伸びる傾向があり、新しい肌の新陳代謝が遅くなります。

 

ターンオーバーが遅くなると、肌表面にある角質が

剥がれ落ちにくく堆積し、毛穴が詰まりやすくなります。

 

その上、クレンジングで取り切れなかったファンデーションの残りや、

すすぎ不足で洗顔料残りがあると皮膚を荒らすことにもなります。

そのため、Uゾーン(顎や頬)にニキビができやすくなります。

 

生活の乱れ、ストレス、睡眠不足によっても、

肌のターンオーバーが遅くなり、肌のキメもなく、

角質も残ったままで肥厚し、過角化していきます。

 

大人ニキビケアは、角質ケアでもあります。

そのため有効なのが洗顔です。

とくに角質をおとすためのピーリング洗顔がおすすめです。

 

毎日の洗顔でピーリングができるのがベターですので

マイルドなピーリング効果のある洗顔料を使いましょう。

 

また、洗顔後の乾燥は、肌バリアーの低下防止反応で、

角質肥厚や皮脂の分泌が増えたりしますので、よくありません。

洗顔後は、しっかりと保湿する必要があります。

 

ピーリング洗顔と保湿を実現する化粧品は、こちら↓を参考に。