肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

顔の角質落としは優しく!肌に負担をかけない方法

「顔がくすんでみえるわ」
それは、顔に古い角質が積もっているせいかもしれません。

 

「それは、大変だわ」と、ピーリング剤でゴシゴシと角質落とし。
消しゴムのように取れるのをみて病みつきになりそうですね。

 

間違ったピーリングは、肌に負担をかけます。
肌荒れや、ニキビの原因にもなります。

 

ピーリングのみならず、実は、
洗顔でも肌にストレスを与えています。
汚れだけ落ちればいいですが、水分や必要な皮脂など
少なからず落ちてしまうからです。

 

実際、超敏感肌の人は、
普通の石鹸ですら、刺激が強いと感じてしまうことがあります。

 

洗顔に関しては、洗顔剤で洗うというよりも、
「泡で洗う」ということが肌に負担をかけない方法です。

 

わかっていても、忙しいとついつい泡立てるのが面倒で
ヌルッとした状態で、洗顔することもあるかもしれません。
そうならないためにも、泡立ちの早い洗顔石鹸を選ぶといいでしょう。

ピーリング(ゴマージュ)は、まずは頻度が重要です。
消しゴムのように、削り取る感じの使い方になりますので
多くても週1回、できれば月2回くらいがベターでしょう。

 

ピーリングを使うときは、製品にもよりますが、
できれば濡れても使えるタイプがオススメです。

 

一般的に、洗顔後にタオルドライをして、
ピーリング剤でゴシゴシするのが定番ですが、
そうしますと肌への負担が大きくなります。

 

洗顔後、濡れた状態でピーリング剤を使えると、
肌への負担が少なく、肌荒れを防ぐことができます。

 

 

ピーリングの後は、しっかりと保湿や美容成分の補給をします。
ピーリングで肌が外部刺激に対し無防備になっているからです。

 

めんどうな場合は、拭き取り化粧水を使って
角質落としをしながら、保湿と美容成分を浸透させる方法もあります。

 

顔の角質落としと保湿・美容成分を浸透させるには