肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

顔にたまった古い角質除去には、どんな方法があるの?

「肌がザラザラしているわ」
「肌荒れで、化粧やファンデーションのノリが悪いわ」
と感じるときは、顔の肌表面に古い角質が残っているせいかもしれません。

 

肌の表面を覆っている角質は、肌の外部からの刺激を守ってくれたり
病原菌や、不純物などが身体の中に入るのを防いでくれる
大切なバリア機能を持っています。

 

表皮の奥から順々に角質は作られ、
表皮表面へと上がっていき、
古い角質が剥がれ落ちるようになっています。

 

ただ、年齢が上がるにつれ、肌の保湿力も落ち、
角質の生成と生長が鈍化します。
また、日々のストレスによっても、古い角質が残りやすくなります。

 

肌がざらつくように感じるのでしたら、
顔の古い角質を取り除くようにしましょう。

 

日々の洗顔で角質を落とす

 

方法は様々ですが、一番基本になるのは、日々の洗顔です。

 

古い角質が気になるようなときは、
AHA入りの洗顔石鹸を使いましょう。

 

これは、酸が含まれた洗顔石鹸で、
ピーリング石鹸とも言われ、
皮膚の表面を酸で、軽く溶かすイメージです。

 

ピーリング石鹸を選ぶときは、
顔につけたときに、ちょっとピリピリするくらいが丁度良く、
洗い流したときに、ツルンとするのがベストです。
弱すぎると効果がでないからです。

 

全国2500のクリニックでも販売
★販売200万個突破の大人気ピーリング石鹸【スキンピールバー】

 

たまにはピーリングジェルで古い角質をごっそり落とす

 

スキンケアを怠って、古い角質が結構たまったわ。
と感じるようでしたら、ピーリングジェルがお勧めです。

 

温泉旅行に行ったときに、お風呂場に置いてあり、
顔の上をなぞるようにマッサージすると、
消しゴムのようにボロボロと取れた体験ありませんか?

 

ピーリングジェルを使って、消しゴムかすみたいなのは、
角質ではなくて、角質を絡め取るものです。
ボロボロ全部が、角質ではないのでビックリしないように。

 

ボロボロ取れるので、いい気になって、
毎日でもピーリングジェルを使いたくなり、
病みつきになってしまいそうですが、注意が必要です。

 

角質除去のやり過ぎは、肌バリアの低下を引き起こすからです。
多くても、週に1、2回くらいにしましょう。

 

【ベルトコスメ受賞】毛穴の黒ずみがポロポロとれるピーリングゲル

 

ふき取り化粧水で角質ケアと美容成分を浸透させる

 

ジェルでごそっと角質を落としたとしても、
何もしないでいるとまた古い角質がたまってしまいます。
たまっては角質を取り、また、たまっては角質を落とす。

 

やっぱり面倒ですね。

 

日々のスキンケアをするだけで、古い角質を落とし、
余分な角質が顔に残らないようにできたらベストです。

 

二度手間にならず、お手軽ですしね。

 

それは、拭き取り化粧水をつかって、角質ケアをする方法です。
化粧水をコットンにとって、角質を拭き取り、
それだけで同時に、美容成分を肌に浸透してしまうというものです。

 

⇒ 市販の拭き取り化粧水のおすすめを紹介