肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

角質ケアのための正しい洗顔方法

肌がごわごわしたり、ザラザラしたりしたとき、
化粧水が入っていかないとき、
肌がくすんで見えるとき、
そんなときが、角質ケアをしなくちゃと思うときかもしれません。

 

角質ケアの方法といえば、
スクラブ、酵素洗顔、ピーリング(ゴマージュ)などがあります。

 

スクラブ剤入りの洗顔料で、顔をゴシゴシ。
あのつぶつぶが、顔の表面をなでて、
消しゴムのかすのように出てくるのが快感。

 

少々痛みを感じていても、
あのピリピリ感の後に来る、つるつる感がたまらない。

 

なんて思っていませんか?
それは、肌を必要以上に傷つけているかも。

 

角質は、表皮の基底層で作られ、肌表面へと押し上げられ、
肌を保護し、古くなると剥がれ落ちていきます。

 

この正常なターンオーバーが上手くいかないから
角質ケアが、必要になります。
古くなった余分な角質を剥がし落とすことが重要です。

 

古い角質が除去されることで、
常に新しい肌を作ることが出来るわけです。

 

その本質を考えると、
角質ケアの基本は、毎日の洗顔にあります。
徹底的に洗顔し、時と場合によって、
角質落としもたまに行うくらいが丁度いい感じです。

 

洗顔は、汚れを落とすことが目的ですが、
洗顔により、肌のバリア機能をもつ大切な皮脂膜も流れ、
天然の保湿成分も流れてしまいます。

 

洗顔は、汚れをしっかり落とし、
保湿もしっかりキープすることが出来ればベストです。

 

そこで、
弱酸性タイプがお肌にやさしいとか、
潤い成分が保湿を促進するという洗顔料が登場するわけです。

 

しかし、洗顔料は、しっかり落とさないと
肌荒れやニキビの原因にもなります。
すすぎが、洗顔と同じくらい重要です。

 

潤い成分は、お肌に浸透すると言うより、
洗顔時の肌荒れを防いでいると考え、
洗顔後に、しっかり保湿をするようにしましょう。

 

ここで、ただ化粧水で保湿するだけでなく、
炎症を抑える美容液を使用すると、
肌のくすみ対策にもなります。