肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

紫外線対策と美白化粧品HAKUメラノクールホワイトソリッド使ってみました|口コミとレビュー

初夏を迎え、シミ、そばかす、日焼けなど紫外線が気になる季節になりました。

 

紫外線対策として、日傘やUVカットの商品など色々出回っていますが、
紫外線を浴びてしまった後のスキンケアが気になります。

 

ネットなどで、美白や紫外線対策などで調べてみると、
資生堂にHAKUシリーズがあるのを知りました。

 

 

紫外線による肌のほてりが、シミを増やす?

 

紫外線を浴びた肌は、日焼けをして色黒になっても、
日が経つにつれて、収まっていきます。

 

でも、シミについては、抜けるということはなく、
返って増えていく印象がありました。

 

資生堂の研究によると、

 

肌がほてる⇒メラニンが過剰に増殖する⇒シミや黒化につながりやすい

 

ということが、判明したそうです。

 

また、メラニンが作られても、正常なターンオーバーがあれば、
自然と肌の奥から表面へそして垢となって剥がれ落ちていくものです。

 

でも、なかなか落ちないシミは、肌細胞のダメージが原因で、
メラニンが居座っている状態です。

 

すぐ消えるシミと、消えないシミには、そんなカラクリがあったんですね。

 

HAKUメラノクール・ホワイト・ソリッドを使ってみる

 

美白化粧品のHAKUシリーズの中に、
冷やして使うという面白い化粧品があり、目に留まりました。

 

それが、HAKUメラノクール・ホワイト・ソリッドというクリームです。

冷蔵庫で冷やして、夜のナイトケアで使用する化粧品です。

 

 

興味がわき、トライアルサイズを購入し、早速試してみることにしました。
商品は、クール便で送られてくるという、冷却へのこだわりを感じます。

 

お風呂上がりの肌に、試してみることに。

 

 

付属品でついてくるスパチュラ(専用のへら)で、
クリームをパール粒ほど、削り取ります。

 

はじめは、冷やしてあるということで、
クリームをとるのに硬いかなという思い込みがありました。

 

でも、実際にすくってみると、柔らかいシャーベットに、
スプーンを刺したときのような、触感です。
(上手く伝わったでしょうか。。。)

 

すうーっとスパチュラが差し込まれてく感じで、
クリームをとることができます。

 

次に、頬からこみかみ辺りのシミの多い部分に、
クリームをのせます。

 

のせた瞬間、冷やっとした感触が心地いいです。

 

冷やしてある化粧品ということで、
伸び具合が心配されましたが、そんなことはなく、
常温に置いたバターが溶けるように、
肌全体へと伸びていくのがわかります。

 

顔の左右で、パール粒2つほどの量で、
肌全体へと、クリームをのばすことができます。

 

体感的なヒンヤリ感は、最初のクリームを付けたときだけで、
皮膚が冷えた感じが持続するわけでありませんでした。

 

メーカーの実験によると、
経時変化のサーモグラフィー画像では、
皮膚の表面温度が下がっているのがわかります。

 

 

実際の体感と表面温度は違うのかも知れません。

 

ちなみに、サーモグラフィーで興味深いのは、
冷やした化粧水をつけた頬よりも、
メラノクール・ホワイト・ソリッドを塗った頬の方が、
時間が経っても冷えたままということ。

 

今、わたしが持っている化粧品を冷やして使っても、
あまり効果がないってことですね。

 

それなりに冷蔵で効果が発揮できるように
作られた化粧品ということがわかります。

 

あと、クリームということで、
肌に伸ばしたときに油っぽくなるかな?
と思っていましたが、
意外とべたつかないで、いい感じです。

 

メラノクール・ホワイト・ソリッドを使った結果は?

IMG_0134

 

さて、実際の美白効果はどうだったかというと、
正直、使ってみた2週間では、よくわかりませんでした。

 

トーンが上がってきたような気もするし、
思い込みかも?って気もするし。

 

HAKUメラノクール・ホワイト・ソリッドのお試しサイズは、
3週間程もつ量です。

 

ターンオーバーが、大体28日くらいといわれてますし、
年とるともっと時間がかかるし、
しばらく使い続けないと、
美白に関しては、効果がわからないかもしれません。

 

逆に、2週間ほどで、
「白くなりましたー」というのも、
胡散臭いし、恐い気がします。

 

というのも、数年前に、有名K社の美白化粧品で、
とっても白くなると評判だったけど、
その後、大きな事件( 白斑被害)となったのが記憶に新しい。

 

急激に効果が期待できるものって、
怪しい気がするのは、わたしだけ?

 

メラノクール・ホワイト・ソリッドが使ってみて、
ダメだったかとそういうことではありません。

 

メラノクール・ホワイト・ソリッドで、お肌が変わった!

 

実は、美白以外に、変わった事があります。

 

使い続けて約1週間後、
それは、朝起きて洗顔の時に気づきました。

 

顔全体を両手で洗っているときに、
手の滑りが全然違うんです。
そう、肌がツルツルになってるんです。

 

化粧水をつけるときにも、それを感じます。

 

あらためて、資生堂のホームページを見てみると、
美白成分として
4MSK(4-メトキシ・サリチル酸・カリウム塩)
が使われています。

 

サリチル酸といえば、ニキビケアの化粧品によく使われます。
例えば、こちら
サリチル酸は、皮膚の雑菌の繁殖を防ぐとともに
角質を柔軟にする働きがある物質です。

 

4MSK【よんえむえすけい】
サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称。酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニン生成を抑制するだけはなく、シミ部位で生じている慢性的な角化プロセスの乱れ(慢性角化エラー)に作用して、溜まったメラニンを排出する効果を持つ。資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分。(資生堂・シミ予防研究所より)

 

HAKUメラノクール・ホワイト・ソリッドを使ったことで、
徐々に、肌の状態がよくなっていたんですね。

 

角質の状態がよくなることで、
キメが細かくなり、肌トーンが上がるのが期待できます。

 

肌の状態がよくなって、ターンオーバーが正常になれば、
たとえメラニンがつくられても、自然に排出することができ、
結果として、美白が長く維持できるんですね。

 

HAKUメラノクールホワイトソリッドを、
しばらく使い続けてみる価値はありそうですね。

 

HAKUメラノクール・ホワイト・ソリッドの詳細を確認する