肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

顔がヒリヒリして炎症をおこしたときの対処法と予防

「肌荒れかな?」と思うほど、顔がヒリヒリして
顔面がちょっと赤くなってしまうことがありませんか?

 

乾燥肌になっているのかもしれません。
寒い冬は湿度が低くなんとなくわかりますが、
意外にも、夏場でも効き過ぎた冷房の部屋では乾燥しています。

 

外気が乾燥した中にいますと、
肌から水分が奪われ、肌の潤いが保たれなくなり、
肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

肌が外部の刺激に対して敏感になってしまい、
顔がヒリヒリするほど、炎症を起こしているのかもしれません。

 

このような場合は、充分な保湿のためのスキンケアが必要です。
化粧水、乳液、美容液などで、充分に水分補給と維持に心がけましょう。

 

乾燥以外の原因として、「角質はがれ」があります。
肌の角質は、表皮奥で作られ、数十層にもかなって、肌表面まで生長していきます。
そして成長した角質は、自然と剥がれて、また奥底で新しく作られます。

 

この肌の再生サイクルが、ターンオーバーと言われるもので
成人女性で、大体28日となっています。
これも、加齢と共に伸びていく傾向があります。

 

角質は育つものです。
充分に育っていない状態で、間違ったスキンケアをしますと、
顔がヒリヒリとするようになります。

 

間違ったスキンケアとしては、ピーリングのしすぎです。
充分に角質が育つ前に、角質を剥がしてしまうからです。

 

顔がヒリヒリするほど炎症を起こしているときは、
刺激の強い洗顔料や化粧水、乳液の使用は控えましょう。
また、ラメやパール類の入った化粧下地やファンデーションも
刺激が強いのでさけましょう。

 

炎症を起こしている肌には、トコトリエノールなどの
抗炎症作用のある成分の入った美容液を使う方法もあります。
炎症を抑えつつ、保湿・美容成分を肌へ浸透させる便利さがあります。