肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

目元のくまも原因は色々|茶色のクマは角質ケアで解消

目元にできるクマには、よく見ると
青いもの、黒いもの、茶色のものと、様々です。

 

目元のクマは、疲労や寝不足ばかりが原因ではなく、
できるクマの色ごとに、原因が異なっています。

 

青いクマは、血液にうっ血によるもの。

 

目が疲れてくると、血液がよどみはじめ、
薄い目ぶたの皮膚を通して透けて見えてくる色が青です。
また、冷え症などで血行が悪い場合も青く見えます。

 

解決策としては、薄い皮膚の厚みを増すために、
コラーゲンを増やす必要があります。
また、血行をよくするために、運動などで
普段から新陳代謝をあげるのも一つの方法です。

 

黒いクマは、むくみやたるみによるもの。

 

加齢と共に下まぶたの皮膚は更に薄く弾力がなくなります。
そのため眼下の脂肪がせり出して、影ができます。
また、目の下のむくみでも影ができます。
影により黒っぽく見えるのが原因です。

 

皮膚のたるみが原因なので、コラーゲンを増やす必要があります。
また、むくみを抑えるために、塩分の取りすぎに注意し、
冷たい飲物を飲まないようにします。

 

茶色のクマは、シミやくすみによるもの。

 

目の下のシミがつながって茶色っぽいクマに見えます。
目をこするクセのある人の、まぶたの角質が厚くなります。
厚くなった角質は、くすみとなり茶色のクマとなります。

 

厚くなった角質には、ピーリングで古い角質除去が必要です。
ただ、目元の皮膚や他の部分に比べて薄いので、
強い刺激は、禁物です。