肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

肌のキメを整えるには、保湿と角質ケアが大事

肌のキメが乱れる原因には、
水分と脂分のバランス、古い角質、ターンオーバー、
紫外線による外部刺激などが考えられます。

 

外部刺激で意外と気づかないのが、普段のお手入れ。
クレンジングや洗顔で、強くゴシゴシこすったり、
時間をかけすぎて、肌に負担をかけることもあります。

 

肌のキメを整えるには、これらの原因毎に対処していきましょう。

 

肌の保湿がキメを整える

 

特に、保湿ですが、化粧水だけでバシャバシャと
顔につけてもあまり効果がありません。
ないというより、化粧水だけでは、保湿力がたりません。

 

化粧水をつけた後に、乳液で蓋をするといいますが、
これでも、保湿力がアップするわけではないのです。
保湿力を上げるには、美容液が大切です。

 

美容液で、水分を保持する美容成分を肌に浸透させて
初めて保湿力がアップします。

 

また、皮脂が多くて困っている方の間違ったケアに、
化粧水をつけて、皮脂が多いからとまったく脂分を
補わないというのがあります。

 

これだと、肌を外部刺激から守るために、ますます
皮脂を分泌させようとします。
ですので脂分の補給は、大切です。

 

化粧水+美容液+乳液、
この3点セットを大事にし、
水分と脂分のバランスをとるようにしましょう。

 

古い角質を落としてキメを整える

 

古い角質が肌にあると、
表皮の角質層がどんどん硬く厚くなっていきます。

 

これが肌のキメを乱す原因になりますので、
古い角質の除去が大切になります。

 

古い角質の除去には、
日々のスキンケアで、角質を落としていく、
定期的に、たまった角質をごそっと取っていく方法があります。

 

ごそっと取るには、
ピーリングゴマージュを月1~2回行う。

 

日々のケアでは、弱めのフルーツ酸石鹸などを使って
洗顔で、汚れや角質を落としていくといいでしょう。

 

クレンジングや洗顔で落としきれなかった汚れや角質は、
拭き取り化粧水を使って取り除き、
保湿とエイジングケアも同時におこなうこともできます。