肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

肌のキメが粗い原因について

「肌のキメがありまえんねー」
と、化粧品売り場のカウンターで言われたことありませんか?
一瞬ドキッとしますが、そもそも肌のキメってなんでしょう。

 

肌のキメとは?

 

肌の表皮にある皮溝(くぼみ)と、
皮丘(盛り上がり)の凹凸のことです。

 

キメが整っている状態は、
皮溝の幅が狭く、皮丘が均一で揃っている状態で、
きれいな三角形が並んでいます。

 

きめが整っていると、光の跳ね返りが良くて、
肌に透明感が生まれます。

 

キメが粗い状態は、
皮溝の幅が広く、皮丘に高低差があって不揃いな状態です。
三角形や四角形が入り乱れて並んでいます。

 

キメが粗いと、光の跳ね返りがバラバラで、
肌のくすみとなって、トーンダウンの原因になります。

 

ちなみに、キメが無い状態とは、
皮溝が浅く、もしくは、なくてつるっとした状態です。

 

キメが粗い原因とは?

 

一つには、「乾燥」があります。

 

皮丘は、水分がしっかり蓄えられていると、
ぷっくらとして膨らんでいますが、
水分が少ないと、萎んでしまいます。
肌に、弾力やハリが無い状態になります。

 

肌の保湿が重要になります。

 

もう一つは、表皮の「角質」の乱れがあります。

 

角質の乱れには、乾燥が原因であることも一つですが
それ以外にも、肌に強い外部刺激が加わったり、
加齢によるターンオーバー速度の減少があります。

 

例えば、ピーリングのしすぎや、
洗顔時に強くこすりすぎるなどで、
肌表面の角質が傷つくなどします。

 

ターンオーバーが遅くなると、
古い角質がなかなかアカとなって剥がれ落ちず、
角質層に厚く残っている状態になったりします。

 

この場合には、正しい角質ケアが必要になります。