肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

毛穴パックの正しい使い方と使用後のケア

毛穴に詰まった汚れって気になりますよね。
肌全体のくすみの他、
部分的にぽつぽつと黒ずんでいたりイヤですね。

 

そんな詰まり毛穴に便利なのが毛穴パックです。
毛穴パックは、貼って剥がすタイプと、
塗って洗い流すタイプがあります。

 

特に、貼って剥がすシートタイプも毛穴パックは、
シートを剥がした後のスキンケアが大切です。

 

シートを剥がすと、ニョキニョキと柱状のものがとれます。
それは、皮脂と古い角質と汚れが混じり合ったもので、角栓です。
これが取れるのを快感に感じ、毛穴パックがやみつきになります。

 

シートの粘着力で、無理矢理引きはがすわけですから、
肌の負担も大きく、何度も引き抜くことで、
毛穴のしまりが悪くなり、毛穴が開きっぱなしになります。

 

よけいに毛穴が目立つようなことになっては大変ですので、
シートタイプの毛穴パックは、月2回くらいがベストです。

 

更に、シートを剥がしたばかりの毛穴は、開いた状態ですから
しっかりと毛穴を引き締めるケアが必要です。
そうしないと開いた毛穴にまた汚れがたまりやすいからです。

 

毛穴のケアには、化粧水での保湿や、
美容液による美容成分の浸透などが大切です。

 

特にレチノール入りの化粧品を使うと効果的です。
ビタミンAの一種であるレチノールは、
肌のターンオーバーを整え、真皮のコラーゲンを増やします。

 

真皮が衰えは、毛穴をより広く見せますが、
コラーゲンで潤った真皮は、ハリがでてきて
毛穴の拡がりを防ぐ効果があります。