肌のくすみ対策|アラサーからはじめる顔の角質ケア

肌荒れに効くビタミン|どんな種類があるの?

「肌荒れには、チョコラBB」
なんて、コマーシャルを見かけたことがあるかもしれません。
チョコラBBのBは、ビタミンB2を象徴しています。

 

肌荒れには、ビタミンB2がいいというのは、周知の事実ですね。
ビタミンB2(リボフラビン)は、水溶性のビタミンで黄色い色をしています。
よく見るのは、尿の黄色は、排泄されたビタミンB2の色です。

 

ビタミンB2は、健康な細胞を作るのに欠かせない栄養素で、
代謝を改善し、健康な肌にしてくれます。

 

ビタミンB2が不足し、正常な細胞が作られなくなると、
真っ先に肌の表面に影響が現れて、肌のざらつきや、ニキビ、
角質はがれや、脂漏性皮膚炎などにもなる場合もあります。

 

ビタミンB2は、飲酒やストレスで大量に消費するため、
サプリメントなどで補うことが有効です。

 

とは言っても、ビタミンB2単体だけを取ればいいというものでもなく、
色々なビタミンは、その相互作用で力を発揮するので、
サプリメントを飲むなら、マルチビタミンがオススメです。

 

ビタミンB2以外にも、B6や、A、C、Eなどが
バランスよく含まれいるため、それぞれのビタミンの力を
充分に発揮してくれます。

 

マルチビタミンを摂取して、肌荒れが改善されないようであれば、
更に補う意味で、単体のビタミンを加えてみましょう。

 

個人的は、外国産のサプリメントは、粒が大きくて飲みにくく、
また、成分の配合バランスも日本人には、会わないような気がします。
前述のチョコラBBとか、DHCなんかでも効果がありました。

 

肌荒れを身体の中から改善させるのが長い目で見て、
とても大切なことですが、今すぐ、改善したいというような場合は、
スキンケア化粧品を利用して、肌へのアプローチも平行して行うといいですね。

 

化粧品に使われるビタミンEについて